自殺率世界一、韓国が急上昇  山梨の自殺率が全国一・・・ 山梨「観光・グルメ」まるかじり!アラフォーバツイチ女のギリモザ爆弾発言

ブログで暴走体験をつぶやきます。観光しながらつぶやきます。大好きな山梨をご紹介します^^

ホーム > ブログ > 自殺率世界一、韓国が急上昇  山梨の自殺率が全国一・・・

自殺率世界一、韓国が急上昇  山梨の自殺率が全国一・・・

自殺率世界一、韓国が急上昇  山梨の自殺率が全国一・・・


韓国の自殺率急上昇もだけど、山梨って県外の自殺者が多いそうです。
国の天然記念物に指定されている富士山の近くにある青木ヶ原樹海ってところですね。きっと。



自殺率 10万人あたり28.4人の韓国が急上昇して世界一


日本は世界一の自殺大国だといわれて久しい。自殺者は14年連続で3万人を超え、今や最大の社会問題のひとつだ。
 
 ところが、どうやらこの不名誉な世界一が抜かれたようだ。近年の自殺率急上昇で、韓国がトップに立ったというのである。
 
 直近データでは、韓国の人口10万人あたりの自殺者数(2009年)は28.4人。これは、OECD(経済協力開発機構)加盟国で最も高い。対して日本は25.8人となっている。
 
 両国が、世界で最も高い自殺率を記録しているのは、共通した理由があると見られている。
 
 自殺予防総合対策センターの竹島正・所長がいう。
 
「両国共通の要因に挙げられるのが貧富の格差拡大と競争の激化です。急激な経済成長は国民生活に反映され、勝ち負けが評価の対象となりやすい。日韓ともに学生時代から大人になるまで、常に過酷な競争にさらされているストレスの影響は計り知れない」
※週刊ポスト2012年4月13日号 より



そんな中、自殺を「考え方」というところから変えていこうという動きがあります。
現代日本哲学をホームページに載せて自らの意見、主張を述べている「全国ブロガー協会」という組織です。
目的は自殺をなくす、減らすことではありませんが、考え方や行動がそれに繋がるんだと思います。




「全国ブロガー協会」哲学より
全国ブロガー協会は個性が尊重される地域社会を増やします。一人の人間は特定の地域を中心として生活しています。
その地域社会の中で、ある物事に対して相対的な多数派の人間が他人に対し「~らしくしなさい」と強要することは、多数派の型にはめようとすることです。


「常識的に」が口癖であるならば、「多数派が正しい」と従っていることと同じです。
「みんなと同じにしなさい」は、少数派や違う人を排除する発想です。 多くの多数派にとって例え自分に直接関係がないことでも、少数派の意思を尊重する地域社会を作る必要があります。
そうすることで結果として多数派にとっても良いことです。


私たち一人一人が人生で望むことは、すべてが多数派と同じではありません。
いつあなたがどこかの少数派に属しても何ら不思議ではありません。例え"常識人"を自負する大人たちでさえすべてが平均的な人間など実は存在しないからです。
したがって少数派が尊重、尊敬される社会は、多様な価値観が認められることであり、多くの人々がより自分の意思を実現しやすくなります。
そして新しい産業が次々と産まれて内需も拡大します。一人一人の幸福度が高いので多数派にとっても住みやすい社会です。
そんな社会には自殺者などいないでしょう。


あらゆる物理的で相対的な数の大小へ固執することもなくなるでしょう。
「人と違うことは素晴らしい・私は世界中でたった一人の私であるだけで素晴らしい・私たち一人一人もただそれだけで素晴らしい」と腹の底から納得できる社会が出来上がります。子供たちが認めあい・産み出し合い・それぞれの方向へ真っ直ぐに走り合える社会が完成します。



詳しくは
現代日本社会へ問う・僕たちの哲学


自殺なんかしちゃダメです!絶対!

[ 2012/04/09 14:00 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する