山梨のスゴイ人 山梨「観光・グルメ」まるかじり!アラフォーバツイチ女のギリモザ爆弾発言

ブログで暴走体験をつぶやきます。観光しながらつぶやきます。大好きな山梨をご紹介します^^

ホーム > カテゴリー - 山梨のスゴイ人

JR韮崎駅と国道20号線から伝統観光と歴史文化の旅行へ。

JR韮崎駅国道20号線から伝統観光と歴史文化の旅行へ。


山梨県にある清和高校(昔の湯田高校)の歴史について調べる機会があったので辿っていくと、韮崎市の偉人に行き着きました。
そこに登場した人物は「伊藤うた」さん。
女子教育の第一任者でした。


伊藤うたさんは1868年(明治元年)韮崎市穴山町に生まれました。
29歳で夫と死別した事を受け、「同じ境遇にあうだろう女性を救う道は女性の自立である」
そう考えた伊藤うたさんは、女性の学校教育が進んでいなかった当時の日本(戦前)の時代に、「女子が生活上の不幸に遭遇しても、裁縫の力で自立できるように」という願いから、山梨裁縫学­校を設立しました。
韮崎の伝統と文化 山梨の偉人歴史観光・旅行


山梨県韮崎市の偉人「伊藤うた」湯田高校・甲斐清和高校の歴史


その後は、山梨裁縫学­校は「湯田高等学校→湯田高校→現在の甲斐清和高校」へと発展し、2011年には男女共学となりました。
現在の伊藤学園は、甲府医療秘書学園・優和福祉専門学校・山­梨情報専門学校を運営して現代まで繋がっています。


※画像の文章はクリックして拡大して見てね♪
山梨県韮崎市の歴史ある温泉「穴山温泉」と伊藤うた





伊藤うたさんは1934年(昭和9年)に65歳の生涯を閉じました。
葬儀には5000人を超える参列者があつまり、うたさんは穴山に埋葬するため、生徒らにより穴山町に送られたそうです。
山梨県韮崎市の偉人 歴史と伝統の観光 伊藤うた





うたさんのお墓の地域は穴山町伊藤窪と呼ばれ、伊藤さんの子孫が親子4世代で穴山温泉能見荘という老舗温泉旅館を経営されています。
この温泉旅館は、日本百名山の筆者で登山家の深田久弥氏が最後を遂げた茅ヶ岳の麓に位置し、深田久弥氏が茅ヶ岳に登った日に泊った言わば“最後の宿”でもあります。
韮崎市の歴史伝統文化を肌で感じる事の出来る温泉旅館と言えるでしょう。




関連する動画があるので紹介しますね~^^











穴山温泉 能見荘(のうけんそう)
韮崎市穴山町4589
TEL:0551-25-5011


●以前に穴山温泉について書いた記事です。
「天然の筍(竹の子:タケノコ)狩り!! 山梨県韮崎市穴山町」




大きな地図で見る


[ 2012/10/02 12:40 ] 山梨のスゴイ人 | TB(0) | CM(1)

アンチ大資本!大学時代の同級生がビジネス全国展開!変わったPR宣伝方法

アンチ大資本!大学時代の同級生がビジネス全国展開変わったPR宣伝方法


大学の時の同級生が集まって、始めたビジネスが全国展開ってスゴイよね!
あたしのブログの先生もこの集まりの立ち上げメンバーだったなんて!



そのブログを使ったビジネスとして設立されたブロガー協会の稲田さんが2012/02/01 毎日新聞コラム「人・かお・トーク」に掲載されていました。
毎日新聞コラムにブロガー協会代表稲田さんが掲載


「地元民しか知らない隠れた良い場所・良いサービスをもっとみんなに伝えたい!! 」
ブログってやっぱスゴイ!!
そう思わせてくれる方々です。


でね。
ここからがスゴイって思ったところ。
ブロガー協会のホームページから。
●ブロガー協会は新しいメディアとして認知されています
 
今でこそ、そうなのですが、以前は違いました。
ブロガー協会のIT技術に関しては昔から何度も他社のメディアから取材を受けました。
取材は受けるのですが、記事にされない。放送されない。
そのようなことがずっと続いていました。当時は既存のメディアにとってブロガー協会とはITの技術を盗む対象でした。取材依頼が入るたびに正直に言うと「またか…」という感じでした。
それでもその都度、IT技術をお伝えるのですが、ITの話をしても技術全体の一部にしか過ぎませんし、 仮に技術の全体を把握できたとしても意味がありません。
何故ならば技術ではなくてまず僕たちのマインド・考え方があり、それを具現化するマーケティングがあり、それを受けて最後に技術があるからです。
技術だけマネをしても絶対に僕たちのマネは出来ません。
せっかく取材に来てくれた方に骨折り損をさせるのも申し訳ないので何度もお話しするのですが高度な話なので口頭ではなかなか伝わりませんでした。


ブロガー協会は今まで無かった新しいメディアです。新しいパイです。既存のメディアとはそもそも競合していません。パイの奪い合いにはなりません。敵対関係ではありません。むしろ一緒に協力することで
新しいパイを産み出すことができます。この辺の感覚については、以前お茶の間の話題に上がったホリエモンこと堀江さんと同じようなジレンマを感じていました。


そんな中、転機が訪れました。現在の全国ブロガー協会の前身である山梨県ブロガー協会が集客の応援をした甲府鳥もつ煮の優勝を受けて、僕たちがやっと日の目を浴びるようになりました。既存のメディアにとってブロガー協会はもう無視できない存在に浮上したからです。


現在では僕たちが取材した小さな会社の情報をブロガー協会がインターネット上へ上げると、その情報を既存のメディアが確認して、新聞やラジオやテレビへ上げるサイクルができています。
僕たちも事前に既存のメディアが扱い易いように情報を整理してインターネット上へ上げているので、ネタを探している既存のメディアの記者さんにとっても都合が良いのです。
ご依頼いただいた事業主にとっても新しい情報を求めている消費者にとっても僕らブロガー協会にとっても有益です。四方良しの関係です。



ホームページではもっと・・・というか、かなりの長文で語られていますが、要するに新しいものを生みださなければお客さんの奪い合いなっちゃってお店とか会社が潰れちゃうよってこと。
そして、TV局やラジオ、新聞社なんかと組めばよりスゴイ情報発信ができるってことね。


そ、壮大すぎるわ・・・
ただのブロガーな私には頭が「???」になっちゃう箇所もあったけど、きっと頭のいい人がみたら納得するんだろうな。




地元民しか知らない隠れた良い場所・良いサービスをもっとみんなへ伝えたい!!
全国ブロガー協会ホームページ 
僕たちブロガー協会の夢  
[ 2012/02/03 12:11 ] 山梨のスゴイ人 | TB(1) | CM(0)

尾崎豊さん遺書「死にたいと思っていた」 遺言は行政書士にお願いしましょう

尾崎豊さん遺書「死にたいと思っていた」 遺言は行政書士にお願いしましょう


尾崎豊さん遺書「死にたいと思っていた」
1992年(平4)に亡くなった歌手尾崎豊さん(享年26)が残していた2通の「遺書」が、明日10日発売の月刊文芸春秋に全文掲載されることが8日、分かった。尾崎さんの死については、没後2年の94年に他殺説が浮上。自殺説と真っ向から衝突し、裁判にまで発展するなど社会的に大きな関心事となった。「尾崎豊の遺書『さようなら 私は夢見ます』」を執筆したジャーナリストの加賀孝英氏は94年当時に入手していた「遺書」と、尾崎さんと繁美夫人との間のやり取りを、没後20年を前に明かした。


 「遺書」は、92年4月25日、死の間際まで持ち歩いたセカンドバッグに入れてあったという。それには、意識し続け、現実のものとして受け止めた「死」に向かう覚悟がしたためられていた。


 先立つ不幸をお許し下さい。
 先日からずっと死にたいと思っていました。
 死ぬ前に誰かに何故死を選んだのか話そうと思ったのですが、
 そんなことが出来るくらいなら死を選んだりしません。


 (中略)


 さようなら 私は夢見ます。
 死の1カ月後、もう1通の遺書が見つかっていた。尾崎さんの母絹枝さんの遺影の脇に置かれていた。繁美夫人と1人息子裕哉さんへの愛情を示し、惜別とも取れる言葉が記されていた。


 私はただあなたを愛する名の神でありつづける。
 皆の言うことをよく聞いて共に幸せになって下さい。


 加賀氏は94年に繁美夫人を繰り返して取材し、死の20日前に睡眠薬を飲み夫婦そろって死のうとした経緯などを聞いていた。尾崎さんの遺体から致死量の2・64倍の覚せい剤が検出され、それが「他殺説」の根拠とされたが、加賀氏は同誌で反論。当時の尾崎さんは胃腸も機能しない極限状態で、覚せい剤を体内に吸収できない状況だったことも、医師への取材でも検証したとし、「自殺」と断言した。

 加賀氏はこの遺書2通を94年に入手していたが、繁美夫人から「息子の裕哉が父の死を理解するまで遺書は公表しないでほしい」と頼まれていた。そして17年後の今、公開に踏み切った。理由は、21歳になった裕哉さんが昨年10月にCMで父が残した名曲「I LOVE YOU」を歌い、父と同じアーティストの道を選んだからだという。

 加賀氏 尾崎は自らを破滅に導かなければ(曲を)書けなかったと思う。身を削らなければ、ああいう詞や曲は出来ない。曲を作るのがどれだけ大変か…。それが子煩悩だった尾崎が裕哉君に伝えたかったことだと思う。裕哉君には父の生きざまを知ってほしいし、ちゃんと受け止めてくれる。エールを込めました。


 尾崎さんの没後20年を来年に控える中で表に出る今回の原稿は、加賀氏が取材した3分の1程度にすぎないという。


 ◆尾崎豊さんの死 92年4月25日朝、東京都足立区内の住宅街で全裸で傷だらけになった尾崎さんが発見された。同日午後0時6分に死亡。死因は極度の飲酒による肺水腫とされた。しかし、2年後の94年に尾崎さんの体内から検出された覚せい剤について触れた、司法解剖の結果が記された「死体検案書」のコピーが外部に流出し、他殺説が浮上。尾崎さんの実父健一さん、実兄康さんやファンが再捜査を求め、10万人嘆願署名活動に発展した。身の危険を感じた繁美さんは長男裕哉さんと渡米した。



※日刊スポーツ 2011年11月9日から引用


遺書って、亡き人が残したメッセージ。
故人が何も遺書を残さないことによって、その家族、兄弟がバラバラになることは悲しすぎます。
尾崎豊さんの遺書の話題で私も思い出したんです。
周りの友人が相続問題で家族とか兄弟と仲たがいしてしまったこと。


人間ってやっぱりお金に目がくらんじゃうんですよね(涙
今は知り合いに行政書士さんがいるけど、もっとはやく知り合って、友人に勧めてあげればと後悔しています。
後悔してもしかたないんですけど、絶対!相続は大問題になります。
皆さんも後悔しないように相談できるところがあれば相談したほうがいいです。


ちなみに私の知り合いの行政書士さんです。
山梨で相続・遺書・遺言作成相談できる行政書士



ビジネスサポート行政書士事務所
〒409-3867
山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地
TEL.055-233-0211
FAX.055-233-8300



大きな地図で見る




   



[ 2011/11/09 13:55 ] 山梨のスゴイ人 | TB(1) | CM(0)

【山梨県】 HPホームページ作成前の注意点

山梨県】 HPホームページ作成前の注意点


ホームページを作ろうってお店や会社、いっぱいありますね。
ホームページを作ることもいいけど、もっと重要なことがあるのになぁ~って思います。
その重要なことって、「ブログ」を使ったお店や会社、商品のPR。


私が習っているブログの先生「平島さん」が山梨日日新聞の夕刊電子版に掲載されていました!
201110271319535a0.jpg
※2011 10/24 山梨日日新聞夕刊電子版より


私がブログを始めた頃から平島先生がず~っとおっしゃてることがあるんです。
ホームページを作ったからお客さんが来るって安心しているお店や会社が多すぎます。
ホームページはどうやって探されますか?
どうやって見られるのですか?
ホームページを開設しても、きれいにカスタマイズしても「見られる」「探される」ことが前提にあり、その作業をどこの会社も軽視している・・・
と。


確かにそうの通りだと思いますね。
先生はホームページを完全否定しているわけじゃなくて、ホームページ自体は会社概要であり自社の都合のいいことしか書いてないから消費者の判断基準になりにくいと指摘しています。


ブログはどちらかというと、ホームページよりゆる~い感じだから消費者との距離が縮ってより身近に感じてもらうことができる。
それにブログって自分でできるインターネットの広告にもなるから、好きな時にどんどん情報を発信することができる優れもの!
ただし、ちゃんと勉強しないと、本当に個人日記になっちゃうんだね。
知らない人の個人日記なんて興味ないから読まれないし、そもそも他人の日記なんて探さないじゃない???
だ~か~ら~!
そこを勉強する必要があるのよね。


個人でブログを勉強してがんばろ~って人は平島先生のブログスクールがあるし、
お店や会社のクチコミ記事をインターネットに広げてお客さんを呼び込むことをしているわ。
厚木B1グランプリで優勝した甲府とりもつ煮のネット戦略を担当した一人が平島先生っていうからすごい。


私もおかげで、今度山梨で開催されるB級グルメのプレ大会「よっちゃばれ市」のことを記事にしたら
「よっちゃばれ市」って検索すると私のブログがTOPページにでてくるのよ(^0^)
他にも「山梨 観光 グルメ」とかも^^v
これが会社とかのブログだったら結構な宣伝になると思わない?
そこは勉強の成果がビ~~ンと発揮されたって自負してます★


ちなみにこの記事はかなり先生の言葉をパクってます(笑



【お問い合わせ】
平島賢一
〒400-0853
山梨県甲府市下小河原町308
TEL:09045442578 ※平島先生個人連絡先です。
MAIL:casypro@gmail.com
お問い合わせメールフォームはコチラからになります。
[ 2011/10/30 13:06 ] 山梨のスゴイ人 | TB(0) | CM(0)

OEMアクセサリーや芸能人愛用のアクセサリー、アニメやドラマ劇中アクセの製造元。

OEMアクセサリーや芸能人愛用のアクセサリー、アニメやドラマ劇中アクセサリーの製造元。



『日本一の宝石の街・甲府』発祥のアクセサリーブランドKENBLOOD(ケンブラッド)が、地元メディアの独占取材を受けましたのよ(^0^)



※携帯で動画『シルバーリング&ネックレスのドメスブランドデザイナーを密着取材』を観る方はコチラ。


動画のおじさ・・・お兄さんが
日本を代表するシルバーアクセブランド『KENBLOOD』のデザイナー兼代表者の山本健一さんです。


ビジュアル系ホストのバイブル的雑誌「メンズスパイダー」にも度々掲載されており、今流行りの“盛り系男子”こと『盛り男』達の間でも話題のアクセサリーブランドです。


山本さんは、映画・アニメ・ミュージシャンなど芸能関係者との交流も多くて、
LUNASEAのギタリスト「inoran」とコラボアクセ製作
メンスパの一条誠や皐月星七とコラボアクセ製作
名探偵コナン10周年アニバーサリーコラボ製作
上戸彩主演「アテンションプリース」別注ストラップ製作
「のだめカンタービレ」劇中アクセサリー製作
SMAPの香取信吾主演「西遊記」オフィシャルペンダント製作
SMAPの草剛主演「STRINGS]オフィシャルペンダント製作
北川景子主演「ディアフレンズ」公開記念アクセサリー製作
伊藤美咲主演「めぞん一刻」オフィシャルペンダント製作
速水もこみち主演「ハンマーセッション」劇中アクセサリー製作
EXILE劇団員出演「ろくでなしブルース」スタイリング協力
...etc 
など、実績は上げればきりがありません。


つい先日発表したばかりの新作ジュエリーは、FM-FUJIの人気DJ・武村貴世子さんが着用している事をtwitterで発信されていたりと、女性からの支持も厚いケンブラッドなのです。
※武村さんのツイートはコチラからご覧いただけちゃいます。
※その女性に人気のアクセサリーはコチラでご覧いただけちゃいます。


そんなケンブラッドが生み出すジュエリーは結婚式の引き出物としても大変喜ばれており、「世界にたった一つのオリジナルジュエリーを引き出物として・・・」
と考える若者を中心に人気を集めているようです。
また、OEMアクセサリーの製作にも力を入れていて、その人気と実力は業界からも注目される存在ですん。


山本健一氏の個人ブログ
http://ameblo.jp/kenbloodoffice/
個人ツイッター
https://twitter.com/#!/Ken_Blood
ケンブラ公式ホームページ
http://kenblood.com
ケンブラ公式フェイスブックページ
http://ja-jp.facebook.com/KENBLOODoffice





<関連記事>
メンスパ(メンズスパイダー)vol.18にKENBLOODのシルバーアクセが掲載!
INORANさんが身に付けているKENBLOODのアクセサリー
日テレドラマ「リバウンド」出演者で着用されるシルバーアクセサリー
[ 2011/09/24 11:18 ] 山梨のスゴイ人 | TB(2) | CM(0)